こちらではStudio_Rossoの新しく入荷した商品をご紹介致します


by studio_rosso2004
ABC製メタルキットやプロバンスムラージ製のキットのデカールのエンブレムを金属製に変更する為のエッチング板セットです。
グリルはABC製のボディに合わせてありますのでプロバンス製には使えませんが他のエンブレムは使用出来ると思います。
よりリアルな模型作りにチャレンジしてみて下さい。
b0179607_13512085.jpg


数は少ないのでお早めに!

1枚1000円(税込み/郵便での送料込み)

2013.7.2 16:55 大変申し訳ございません全て完売致しました
[PR]
# by studio_rosso2004 | 2013-07-01 13:52 | 新入荷パーツ

Astonmartin DB4 Zagato

メイクアップアイドロンコレクションの新しいモデルが入荷して来ました。
今回入荷したのは1961年のルマンを走ったカーナンバー1/2/3のモデルになります。
b0179607_13435373.jpg

一番最初に「新しいモデル」と書きましたが、普通の方ならアストンマーチンDB4ザガートならロードモデルが昨年出ていたから新しいモデルじゃないと思われるかもしれませんが、それは認識が違います。
今回のモデルはボディやコクピットの内部まで大きく変更を受けていてもはや新しいモデルと言って良い商品になっています。
まず一番目を引くのがリアホイールハウス付近のオーバーフェンダーですね。
ノーマルサイズよりも大きなタイヤ/ホイールを取り付ける為に拡大されたホイールアーチに更に大きなオーバーフェンダーを取り付けて有ります。
それに応じてホイール/タイヤも実車通り大きくなっておりノーマル車には無かった迫力を感じる物になっています。
これでボディ後半部は新しい型になっているのがおわかりですね。
b0179607_13471945.jpg

前側はドライビングランプが付いただけじゃないの?と思った方は注意不足ですね(笑)
フロントグリル上側に注目です!!!
グリル上側のボディカラーの部分が少し厚いのがおわかりでしょうか?
カーナンバー1の個体だけこの部分が厚くなっています。
b0179607_1351365.jpg

理由は定かではないですが他のカーナンバー2と3はこの部分は通常の形状ですね。
b0179607_13521973.jpg

これでフロント部分も何かしら手が入っているのがわかりますね。

そしてコクピットのミッションが丸見えの部分・・・シャーシとは言いませんがコクピット床面の部品やミッション部分の部品など全て作り替えられている様です。
b0179607_1355382.jpg


ちょっと残念なのは窓が開いている左からは余りこのミッションを見る事が出来ず窓が閉まっている右側から良く見えると言う事でしょうか?
もっと残念なのはデジカメで写真をとってもなかなか奇麗に見えず・・・この景色を見る為にはこの商品を買うしか無いと言う事でしょう。

この商品は買いですね!お勧め致します。


価格 30,975円
お支払い金額送料はお問い合わせください
[PR]
# by studio_rosso2004 | 2013-03-13 14:00 | 新入荷完成品
少し長い間活動を停止していたフィーリング43が活動を再開されました。
ちょっとしたご縁で今回商品をご紹介出来る事になり本日サンプルが入荷致しました。
b0179607_19353024.jpg

最後のフェラーリ365デイトナGr4から随分時間が経過したと思いますが今回のキットは日本ではまだ珍しいフェラーリ250GTドロゴになります。
キットは最盛期のフィーリング43のキットから考えると少し質素な印象になりますが、実際に作る事を考えればこの内容の方が良いと思います。
一時期のフィーリング43のキットは余りにも部品が多過ぎて本当に組めるのか判断が難しい物でもありました、今回の物はこの部品点数なら何とかなりそうな印象を持ちます。
b0179607_19361061.jpg


ボディはいつもに様に鉄粉入り(?)の黒いレジン製で一般的なレジンと比較して少し重い様に思います。プロポーションはまずまずでボディパーツの合は組み立ててみないとわかりませんが形状は良好と思われます。フィーリング43の場合フルディティールモデルなのでボディを仮に何かのキットから持って来てもボディの厚みを薄く削ってドアなど開閉する部分は穴を開けて部品を別に準備しないといけません、なので加工部分が多くコピーと言うには手間がかかり過ぎますしかも内部の部品は全て作らなければなりません。
このキットが何かのボディをコピーしたのかどうかはわかりません、私が知っていいる限り同じ様な物は見当たらないですね。
b0179607_1945574.jpg


エッチングパーツはホイールのスポーク以外はかなり少なめな印象で必要最低限と言う感じですね。
コードやその他の部品など必要な部品は全てコンプリートされています。
b0179607_19475192.jpg


他の部品は透明なケースに入れてあります、この中にはメタルの部品とレジンの部品が同梱されています。
b0179607_19485115.jpg


インストは完成画像と組み立て図が準備されています。
1/43キットを作った頃が有る方なら十分な内容でしょう。
b0179607_1950336.jpg


完成画像はこんな感じです
b0179607_11234478.jpg


全体的に質素な内容ながら必要かつ十分な部品点数のキットです、部品を一体整形して点数を減らす努力がされていますが組立てを考えればこの方が現実的に組み立てやすいと言えるのでは無いでしょうか。
しかし相変わらずですが、組み立てには高度の制作技術を要します一定以上の腕の方にお勧め致します。
価格 46000円(税込み)

2013.3.12 在庫分完売致しました次の入荷は3月末頃の予定です、次が最終入荷となる可能性が有りますのでご入用の方はお早めに!

まだまだ円安が進むと思われますのでご希望の方はお早めに、次回入荷の物は値段が変動する可能性が有ります。

2013.4.6 本日少量入荷しました、残り少なくなりました

2013.4.10 今回の入荷分も完売になりました、有り難うございました。
[PR]
# by studio_rosso2004 | 2013-02-23 12:26 | 新入荷キット
最近、良質のメタルキットを精力的に開発しているミネルバ43から新しいキットが発売されました。
車は1963年のルマンを走った3台のフェラーリ250Pのコンバージョンキットです。
b0179607_16445633.jpg

キットの内容は今まで通り?と思われるかもしれませんが実は今までの物とはかなり違う部分が有ります。
まずはキットの原型師です。
今まではルフの娘婿のマイケルさんかウェーバーさんが原型を作っていた様ですが今回は地元ベルギー!?の原型師さんに変わっている様です。
b0179607_16475357.jpg

だからでしょうか、コクピット内の床板がエッチングの折り曲げ細工に変更されています。
これはこれで現代風なので良いのかもしれません。
ボディを横から見るとこんな感じ・・・
b0179607_16503248.jpg

自分で売っておいてこんな事を書くのはどうかと思いますがお求めになられた方が制作される時に注意をして頂きたいと言う事で敢えて書いておきます。
このボディを見て?と思ったのは上下寸法が短くボディがスマート過ぎる事でしょう。
この250Pと言う車はこの後250LMに進化していくと思うのですが250LMに比べてボディの上下寸法が大きく少し野暮ったい印象が有りますがこの250Pは250LM並みにスマートで格好良過ぎますね。
ボディの上下寸法を変更するのはホイールアーチなどにも関わって来ますので大変難しいですが、制作時にはこの辺りを少し変更してやるとずっと本物の雰囲気が出て来るかもしれませんね
b0179607_17332192.jpg

もう一つ問題が有るのはこのデカールです。
一般的に(勿論例外は有りますが)ゼッケンは前も横も大きさは同じ物が多いですね。
実車がもしサイドのゼッケンサークルを小さくしているのなら上下を切らなくても収まるくらい小さくしたと思うのです。しかし実車は上下をこのデカールの様に切っています。
と言う事は前後と左右のゼッケンサークルは同じ物を使いサイドは上下を切って使ったと言うのが自然ではないかと思います。
しかしこのキットでは横に付ける物が若干小さくなっています・・・ゼッケンサークルの直径が小さいのにも関わらず上下を切って丁度良い形状になると言う事はかなりボディの厚みが薄いと言う事でしょうか・・・。
b0179607_17245513.jpg

そしてリアの部分リアパネルの左右は大きく上側に跳ね上げられていますが実車はここの部分がのもう少しゆるい跳ね上がりになっていると思います、ここの修正はスリットのエッチングの修正も必要になりますので大変難しいですね・・・。
b0179607_17254538.jpg

リアホイールアーチの後ろ側もリアパネルと同様に上に上がっていますここも修正が必要かも・・・。
良く無い所だけでなく良い部分も有ります。
アクスルシャフトを支えるステーがボディ側から出ていますのでシャーシ無しでも車高調整が可能です、勿論シャーシ側にはこのホイールハウスの隙間が出来ない様にホイールハウスのインナーが付いていますので透けて反対側が見えてしまう様な事は有りません。
b0179607_17291581.jpg

そしてボディ下側の前後の部分、この部分はよく真鍮で作り直したりしますよね。
でも大丈夫ですシャーシ側にこの部分が付いていますが切り離して直接ボディに取り付ける事が出来る構成になっています。この場合問題なのはボディとシャーシを接続するビスの位置関係になりますがそれも配慮されております。
b0179607_17411170.jpg

他にも細かい配慮としてコースアウトした場合のスコップや工具袋までメタル部品で準備されています。
色々苦言を書きましたがキットは素材です作られる方の技量でいかようにも作れます、お求めになられたお客様は楽しんで作って頂けます様お願い致します。

希望販売価格 23800円(税込み)レターパック500での発送で送料サービス致します
残り僅かです、お早めに!
[PR]
# by studio_rosso2004 | 2013-02-21 17:53 | 新入荷キット
b0179607_19211216.jpg

ランボルギーニの最新のフラッグシップモデルであるアベンタドールLP700-4の1/43カーボン仕様です。
当店の専属モデラーが最良のプロポーションとディティールを持つ1/43モデルを元にプロポーションモデルとして完成致しました。
ボディはサイドのインテークダクト(この部分はアクセントの為にフラットブラックにて仕上げております)以外は全てカーボンデカールを貼り込んでウレタンクリアーを塗って磨き出し仕上げを行なっております。
当然ながらハンドメイドですので1台しか存在致しません。
b0179607_19415087.jpg

b0179607_19431825.jpg
b0179607_1943471.jpg

コクピットの中のエンブレムやタン皮の内装など雰囲気満点です
b0179607_19445951.jpg

ボンネット及びルーフなどはカーボンデカールを分割して左右が同じ模様になる様に貼って有ります、これは簡単な様ですが継ぎ目を詰めて貼る必要が有りますので非常に手間がかかります。
1枚で貼ると簡単なのですが模型的に見た場合ボディ面に斜めに線が入りますからボディが歪んでいるかの様に見えてしまうのです、その様に見えない様にする為に細かな配慮がなされているのです。
b0179607_19515139.jpg

b0179607_19521656.jpg

細かな事ですがドアミラーにもカーボンデカールを貼ってクリアコートして仕上げております
b0179607_19511856.jpg


画像は作品のみですがStudio_Rosso専用木製展示ベース/アクリルカバー/専用化粧箱に入れてお届け致します。

価格84000円(税込み)
[PR]
# by studio_rosso2004 | 2012-08-25 19:56 | 新入荷完成品